久しぶりの海洋散骨(相模湾にて)

東京都府中市より、エンバーミング、海洋散骨、小平霊園樹林墓地をお勧めしています、

株式会社くぼた です。

関東も梅雨入りの中、雨も降らず出航できました。

相模湾はきれいな海ですが、このところの気温が高いのと、曇り空でしたので、青々としたいつもの海の色ではなかったです。ただ、暑すぎなかったので、海洋散骨にはベストコンディションだったと思います。

プロ演奏家にお願いし生演奏を演奏いただき、素敵な海洋散骨を執り行えました。

平日でしたので、静かで、穏やかな、広大な相模湾での海洋散骨でした。

当社は東京の多摩地区にあります。近隣のお客様で海洋散骨のご相談は迅速に対応しております。小平霊園樹林墓地のためのご粉骨も速やかに対応しております。

ご相談は ➢ 株式会社くぼた まで。

新型コロナウイルスご遺体搬送までについて

東京都府中市より、エンバーミング、海洋散骨、小平霊園樹林墓地を推奨しています

株式会社 くぼた です。

世界的猛威をふるうCOVID-19、日本国内も厳しい状況になるのは間違いないでしょいう。「自分を守るという考え方ではなく」とにかく第一に人に移さない行動や、心がけが大切なのかと感じます。

最近は完全密閉の納体袋、バイオシールのお問合せが急増し、特に病院関係者さまからのお問合せをいただいております。

病院で新型コロナウイルスでお亡くなりになられた場合、当然葬儀社、ご遺族の接触があり、また、寝台車の運転手さん、納棺師、式場のスタッフ、会葬者、宗教者、火葬場と、リスクを伴う方が増えていきます。

リスクを避けるためにも、残念ながら、現時点では速やかに火葬し、それから故人を供養するのが相当だと考えます。

感染爆発を起こさないためにも、病院での適切な対応が求められているのです。

当社も独自に緊急にバイオシールで完全封鎖するケースを想定し、COVID-19搬送マニュアルを作成してみました。ご参照いただければと思います。また逆に感染症の病院関係者様にご覧いただき、これで大丈夫かご指導いただけたらなと思っております。(写真は作成中)

 

お問合せは ➢ 株式会社くぼた  まで。

 

新型コロナウイルス感染防止ー完全密閉のご遺体袋バイオシール

東京都府中市より、エンバーミング、海洋散骨、小平霊園樹林墓地を推奨しています、株式会社くぼた、です。

コロナウイルスの影響で、当社のバイオシールのお問合せが急増しています。

葬儀社様からのコロナ対応のご相談を数多くいただいております。

感染を如何に最小限にするか、が最大の課題であり、我々が従事する葬儀業界での個人的見解は、まず霊安室(病院)でいかに安全な状態で引き継ぎ、ご遺族のご要望を最大限に考慮したうえで、適切な対応ができるかだと考えます。

新型コロナウイルスは第一種感染症(バイオセーフティレベル4)の処置ができ、第二種感染症であるとしています。曖昧ですよね。

このような状態では、葬儀社だけでの対応は困難です。感染拡大に繋がりかねないのです。対応如何では、ご遺族も葬儀社も、ご遺体を搬送する運転手さんも、納棺師さんも、その家族も、その知人も、と知らない状態で感染し、さらに病院にお世話にならなければならない人が増えることもあり得るのです。

どの時点で、バイオシールを使用するかによりますが、当社のバイオシールは完全に感染症、臭い、漏れを、熱シーラーで密閉します。

理想的な処置手順としては、お亡くなりになられた時点で、ご家族同意のもと、処置するスタッフの感染防止対策をし、その部屋の洗浄、バイオシールで密閉し、バイオシールを消毒剤でふき、感染防止で使用した防具の廃棄と器具の消毒、そして室外へ。これで、24時間以内に火葬するのか、ご葬儀をとりおこなうのかの猶予は確保できると考えます。

エンバーミングは、IFSA(日本遺体衛星保全協会)は、エンバーミング施行等に関するIFSAとしての対応方針として、各事業者の判断に依るが、技術顧問、感染症専門学者の見解と新型コロナウイルスへの対応困難性を踏まえ、引き続き、エンバーミングは実施不可とすることを強く推奨する。としている。(2020年3月4日現在)

可能であるならば、残念ながらコロナウイルスでお亡くなりになられた故人をエンバーミングすることで、ご遺族を安心して供養できるようにしてあげれればと思うし、その唯一の方法がエンバーミングであってほしい。

ご相談、お問合せは ➢ 株式会社くぼた、まで。

感染症対策ー完全に密閉するバイオシール

東京都府中市より、エンバーミング、海洋散骨、小平霊園樹林墓地を推奨しています、株式会社くぼた、です。

当社では、エンバーミング(海外搬送)の際空輸の軽量化のためバイオシールが有効であるので、販売しています。

バイオシールは完全に密閉するので臭い、漏れを100%カットするので、DNA鑑定待ちのご遺体などに大変役立たれています。

実は、バイオシールの最も優れているのは、感染症を完全に密閉できることです。

昨年は仙台にある大学病院からお問い合わせをいただきました。当然医療機関でも亡くなられた感染症患者様の対応を今後さらにベストな対応ができないかと研究されていて、バイオシールをとご連絡いただきました。

明確な感染症対策マニュアルが国内に存在しないのが現状ですが、感染症に関わるみなさまの安全が担保できることを切に願います。バイオシールはお役に立てると思います。

 

お問合せは ➢ バイオシール輸入販売元 株式会社くぼた、まで。

完全な納体袋、感染症対策(ご遺体収納袋)バイオシール

東京都府中市からエンバーミングを推奨しております、

株式会社 くぼた です。

2020年に入り、日本国内も本格的な新型コロナウイルスの脅威が心配です。

私もドラックストアでマスクを買いに行きましたが、時遅く売り切れ状態でした。

残念ながら、危機感が実感できないと、あるボーダーラインを超えないと人は動けないのかと、痛感しております。

エボラウイルスなどもそうですが、危機的ウイルスの対策は早期の対応が必須です。

当社は最高レベル(バイオセーフティーレベル4)に対応できる納体袋をご用意しております。

完全に密閉する事により、感染症、臭い、漏れを防ぎます。米軍も採用しています。

ご遺体に従事されますみなさまを守り、感染拡大を防ぐことが可能なのです。

お問合せ、ご相談は ➢ 株式会社くぼた まで。